Info
英名 Black Silica(ブラック・シリカ) 和名 黒鉛珪石
別名

.

象徴 .
成分 珪酸(けいさん) 結晶系 .
硬度 . 比重 .
黒 (ブラックオニキスと似た色だが、それよりやや茶っぽい)
外観 純度が高いほど炭のように黒くよごれている
産地 日本(北海道上ノ国町)
解説

 ブラックシリカは血液循環や免疫機能等に対して非常に高い波動を放射する天然鉱石で、マイナスイオンがブラックトルマリンと同等かそれ以上のマイナスイオンを発し、常温でも遠赤外線を放射する。一見ブラックオニキスのようだが、若干茶色がかっており、ビーズによっては乳白色の斑点が見られるものが稀にある。重さはブラックオニキスより軽く、ネックレスなどジュエリーに合う。
 注目すべき点は遠赤外線の中から動植物の育成に必要な育成光線が出ており、それにより人体の分子運動が活発になり(共鳴吸収現象)、身体に熱が発生します。そのため温浴すると熱がさめにくくとても体に良いと言われている。
 また、遠赤外線は新陳代謝を促し有害物や脂肪を開放して体外に排出する効果もある。マイナスイオンは心身をリラックスさせ細胞の活性化、自然治癒力の向上、血液の浄化、抵抗力の増加、自律神経の調整、身体の酸化や老化を抑えるなどの効果が期待できる。
 国内外で唯一、北海道上ノ国町の山中から産出される珪酸(けいさん)を主成分として数%の炭素と微量のミネラルを含有する黒色の天然鉱石。 

ヒーリング

特性
 常温で遠赤外線を放射し、マイナスイオンを多量に発生する。

効果
 血流をスムーズに/発汗作用を促進/暖め作用/痛みを緩和/安眠効果を高める

使い方
 .