Info
銀の度合いが1000/1000のことをシルバー1000と言い、シルバー925というのは92.5%が銀、残り5%は銅等の鉱物を混ぜてあるものを言います。純銀1000は柔らか過ぎて変形しやすく、キズにも弱いため鉱物を混ぜて硬度を出したものが950や925です。彫金では950がよく使われます。925はスターリングシルバー925という呼び方でも親しまれていますが30分から1時間ほど300℃に加熱すると銀の美しさを残したままとても固くなり傷つきにくくなります。欧米では一般的です。

−お手入れの方法を教えて下さい。

シルバーの場合は、専用のクロスが売られていますから、それをお使い下さい。もし、細かいところをきれいにずる場合は、ジュエリークリーナー溶液を先の尖った綿棒につけて優しく拭ってください。クリーナーを使った後は水洗いするのをお忘れなく。しまう時は汗などがついてない乾いた状態で、小袋に密閉して保存してください。使う前に少しくすんでいたら柔らかい布などでこすって頂けばきれいになります。

シルバー専用の溶液は強いので石付きや黒い部分を残しているものには使用しないで下さい。石を痛めますし、黒い模様が真っ白になってしまいます。それ以外のシルバーでしたら、まるで新品のようにきれいになりますが長時間付け置きにせず、後で水洗いをお忘れなく。石付き等の場合は一般宝石用のジュエリークリーナーにつけるか専用クロス、柔らかい布などで拭いてください。細かい細工がしてあって洗いにくいものは洗剤を薄めた液の中につけ置き洗いしても充分きれいになります。

−アレルギーは起こりませんか。

本物のシルバー925は純度が高いので銀だからといってアレルギーになる人がいる訳ではありません。しかし、925と刻印を押して純度の低い製品を売っているところもありますから、それによってアレルギーが出ることもありますので市場で安く出まわっているものにはご注意下さい。

−ピアスのフックが折れちゃいました。

無料でお直しします。まずはメールでお知らせ下さい。

−ピアスの留め金をなくしてしまったのですが。

有料でお分けしています。メールで大きさを直径何ミリとお知らせ下さい。

−シルバーは黒ずむのが心配ですが。

当店ではお客様のご要望によりロジウムメッキ加工を承っております。基本的にはチェーン、ワイヤー等有る程度まとめてご注文下さい。アクセサリーは金でも銀でもお手入れすることにより、より美しく輝きますし愛着もわいてきますのでシルバーのナチュラルなままお使い頂くのが理想です。黒ずみは使っていればすぐに変色することはありませんが、しばらくしまい込んで出してみたら黒っぽくなったということがあります。その場合はシルバークリーナーが今ではスーパーやアクセサリーショップなどどこでも手に入りますので上記のお手入れ方を参考にしていつまでも美しさを保つことができます。表面がつるっとしたものは布製のクリーナー、また、ペーストや液に付けて水洗いするタイプもあります。