ペーパークラフトステッカー 転写



Omni-gel image transfer and texture medium / 1pc
オムニジェルイメージトランスファー&テクスチャーミディアム / 1個
使いたい絵や写真のイメージをお好みでコピーして作品に取り込めるので、きれいな仕上がりで、プロのように仕上がりとっても便利。
雑誌、本の写真、レーザープリンターでとった高画質のコピー等のイメージをクレイ、コップ、メタル、布、レザー、カンバスに写し取ることが出来ます。(インクジェットは不可)
無害、防水性、無酸性、フレキシブルで乾くと透明になります。

使い方
材料:
オムニジェル
絵筆若しくはフォームブラシ
やわらかいタオル
水を入れたボウル

  1. 写し取りたいイメージを用意
    本や雑誌、写真をレーザープリンターでコピーしトランスファー用イメージとして用意します。(著作権に反しないように注意してください)
  2. オムニジェルの最初の液をブラシで塗ります。
    新聞紙など要らない紙を作業場が汚れないよう敷いて、その上にイメージ面を上にして置きます。オムニジェルを水平に(横に)筆を運んで塗っていきます。
    表面には少々乳白色に見えますが乾くと透明になります。しっかり透明になるまで乾かしてください。
    **異なるペイントブラシを使うことにより印象の異なる表面の仕上げが楽しめます。**
  3. 次に縦方向にオムニジェルを筆で塗り乾くまで待ちます。
  4. 今度は斜めにジェルを塗り乾かします。これが最後の塗る工程ですが乾かすのに長ければ12時間掛かかる場合もあります。
    これはイメージの写真の大きさ、ジェルコートの厚みによって左右されます。安全策として一晩そのまま置いて乾かすというのもよいでしょう。
    **好みによってもっとジェルを塗り重ねて厚みを持たせることも可能です**
  5. イメージを水に漬けます
    余分な紙を切り落とし、余白を6.35mm程度取ります。イメージ(インクの乗った)面を上にして、水を張ったボウルの中に10-20分漬けます。
  6. 紙からイメージを剥がします
    プラスチックやビニールのようなスムーズな面にイメージ面を下にして置きます。ゆっくり紙を擦る動作で紙からイメージ面を剥がします。
    うまく外れないようなら、再度水を張ったボウルに戻し、数分後もう一度やってみましょう。タオルを使って余分な紙を取り去って、イメージを乾かします。
  7. イメージを新しい表面に乗せます
    張る面をきれいに乾いている状態で乾かしたオムニジェルを乗せます。片面はマットでもう片面はグロスを塗ったような艶やかな面になっています。
    どちらでも使いたい面を上にして張りたい面にオムニジェルを接着剤として塗り、その上にイメージを貼り付けて完成です。
Leave this field empty
id:6087(sku:PC-CS-101-1A1)税抜在庫数量
-- -- 1,280 4
Email :
お名前、電話番号は任意です。
万が一、メールが届かない場合など、お電話にてご連絡させていただく場合がございます。
お名前 Phone :
この商品に関するお問い合わせはこちらのフォームをお使いください。
Booking form