/ Info / グレイス ホイップタイプの使い方 (part 1)
★ □ グレイスホイップタイプ、グレイスホイップタイプソフトの特長★

1. 手軽で安心、仕上がりは本物そっくり

樹脂風粘土ベースなので本物のクリームそっくりの質感、しかも手軽で安心です。これまでスイーツにおけるクリームの表現には、主にシリコン系シーリング剤(建築材料)が使用されてきましたが、取り扱いの煩わしさ(臭い、換気の必要性、衣服につくととれない等)がありました。本品は粘土なのでグレイス同様、手軽に安心してお使いいただけます。
s

2. クリームがひび割れしにくい

割樹脂風粘土ベースなので、固まった後にクリームがひび割れしにくいです。これまでのホイップ状粘土の製品には、固まった後にクリームにひび割れが起こる場合が見られました。樹脂風粘土ベースの本品は、固まった後も「しなやかさ(弾力性)」を保っており、クリームにひび割れが起こりにくいです。れしにくい

 

3. クリームの絞り出しの失敗も心配ありません

クリームをいきなり作品に絞り出して、失敗した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。本品は、一旦プラスチックの台など(例えば書類ファイルホルダー)に絞り出し、固まった後にクリームを作品にアレンジすることが可能です。プラスチックの台などに絞り出し、うまく絞り出せたクリームだけを作品にアレンジすれば、もう心配はありません。

d

4. クリームの着色も簡単

本品はグレイス同様、油絵具またはアクリル絵具で着色が可能です。 本品を紙コップ等にとり、少量の油絵具またはアクリル絵具を 混ぜ、好みの色に着色します。

d

□ 用途例

  粘土でつくるスイーツ(マカロン・ケーキ・ドーナツ・アイスクリーム・ソフトクリームなど)、スイーツデコ
  粘土でつくるミニチュアスイーツ
  粘土でつくるドールハウス


★ 「グレイスホイップタイプ」 の使い方★

1. チューブ端をハサミなどで切り、粘土を絞り袋に移し、もみほぐしてから、ホイップクリームを絞る要領で、粘土を絞り出します。

s

必要な分だけ粘土を絞り袋に入れます

2. もみほぐします
(気泡が消え、粘土がなめらかになるまで、もみほぐします)

s

 

3. ホイップクリームを絞る要領で粘土を絞りだします。

d



★ グレイスホイップタイプをより少ない力で絞るには★
粘土をあたためると、より少ない力で絞ることができます。ドライヤーまたはぬるま湯を使用してあたためます。
※ドライヤーによるあたためは、やけど、感電、火災等の事故に十分ご注意の上実施してください。


1. ドライヤーであたためる方法  (※グレイスホイップタイプです)

s
粘土を絞り袋にとります。

s
ドライヤーであたためながら、粘土を軽くもみほぐすと、粘土がなめらかになってきます。

2. ぬるま湯であたためる方法  (※グレイスホイップタイプです)

粘土を 40 ℃程度のぬるま湯で5~10分程度あたためる。
  (くれぐれもやけどにはご注意下さい)

s
粘土が入っているチューブが未開封の場合は、チューブのまま、ぬるま湯であたためることができます。

s
開封後、チューブに残っている粘土をあたためる場合は、チューブをビニール袋等に入れた後、あたためて下さい(粘土にお湯が混ざらないよう、ご注意下さい)。

s
絞り袋に粘土が入っている状態でも、絞り袋ごとビニール袋等に入れ、あたためることができます(粘土にお湯が混ざらないよう、ご注意下さい)。

3. 手のひらに収まる程度の粘土を絞るようにする.

d
手のひらに収まる程度の量を絞るようにすると、より少ない力で粘土を絞ることができます。



★美しく仕上げるコツ★

グレイスホイップタイプソフトは、絞った後、粘土表面に水分が浮き出てきます。この水分を早く乾かすことが、美しく仕上げるコツです。
以下の方法があります。

1、 なるべく湿度の低い環境で使用する(乾燥させる)。
2、 絞った後、粘土表面に浮いてくる水分をドライヤーの冷風をあてて、乾かす。

s
※ドライヤーによるあたためは、やけど、感電、火災等の事故に十分ご注意の上実施してください。

 

★開封後の保存方法について(グレイスホイップタイプ、グレイスホイップタイプソフト共通)★


開封後の保存法として、以下のいずれかを推奨いたします。

(1)残った粘土が入ったチューブの端を、クリップ等で止めて保存します。この際、チューブ内の空気をよく抜いてください。

s

(2)二重にラップで包み(普通のラップ。「レンジに強いラップ等」は不可。)、これをさらにチャック付きビニール袋に入れて保存します。この際、チャック付きビニール袋内の空気をよく抜いてください。
s